SponsoredLink

ハーブだけじゃない、猪苗代ハーブ園

ハーブが好きな方なら、ハーブ園は楽しい場所ですよね。でも、ハーブに全く興味が無かったら、ハーブ園ってどうなんでしょう?!でもハーブ園って、必ずしもハーブばかりってわけじゃないんです。ハーブだけじゃないハーブ園、それが、猪苗代ハーブ園。


猪苗代ハーブ園、もちろんハーブ園ですから、ハーブの種類はなんと500種類もあります。それに季節の花々も楽しむことができます。右手には磐梯山、眼下には猪苗代湖という雄大な景色の中で、様々なハーブや花々を楽しみつつハーブ園内を散策できます。


また、猪苗代ハーブ園内にあるグリーンハウスではハーブティーや軽食が楽しめ、併設のハーブショップでは、ハーブのポプリや入浴剤、ハーブの苗など、様々なハーブに関する商品が販売されています。


やっぱりハーブばっかり…と思わないでくださいね(笑)。ハーブに興味がなくても一見の価値があるものが、猪苗代ハーブ園にはあります。それが、カナダ人彫刻家の手による十二支の巨木彫刻。その高さは5mにも及び、1年に1体製作するという12年計画の壮大なプロジェクト。


ほんと、巨木彫刻は必見です!すごい迫力です!!どうせハーブしかないんでしょ、とハーブ園を見くびっていたなら、きっとめちゃくちゃに驚くと思いますよ〜。(笑)


ちなみに、猪苗代ハーブ園には教会もあり、ハーブや花々に囲まれて挙式することができます。ハーブ大好きな人には、至れり尽くせりの結婚式かもしれませんね。

ハーブティーでリラックス

ハーブティーには様々な効能がありますが、中でも有名なのがリラックス効果ではないでしょうか?ハーブティーはその香りと飲むことの相乗効果で、心をリフレッシュし身体をリラックスさせてくれる効能があります。


リラックス効果の高いハーブティーを幾つかご紹介しましょう。ハーブティーの代表ともいえるカモミール茶は古来より民間薬としても親しまれてきたハーブティー。ジャスミン茶は心を安定させる働きが。ラベンダー茶はストレスを和らげ、リンデン茶はイライラを抑えてくれます。


他にも、不安や疲れを解消し女性の美容にも役立つローズ茶、明るい気分にさせてくれるバジル茶、不眠症に効果のあるパッションフラワー茶など…。心身を癒してくれるハーブティーは数多く、ハーブティーの数だけ細かく効能も違っています。


古代エジプトから伝わったと言われているハーブ。古くは薬としても用いられたことのあるハーブには、自然な癒しの力が備わっているのでしょうね。そんなハーブの力を手軽に取り入れることができるのも、ハーブティーの魅力のひとつです。


何かとストレスや疲れることの多い現代。自分に合うハーブティーを見つけて、ハーブティーで一日の疲れを癒す…そんな生活を始めてみてはいかがでしょう?

ハーブティーの正しい入れ方

ハーブティーを楽しんでいる人は多いと思います。ハーブティーのリラックス効果やデトックス効果を期待して飲んでいる人、単純にハーブティーの香りや味が好きで飲んでいる人…ハーブティーを楽しむ理由は様々ですが、どうせハーブティーを飲むなら美味しく飲みたいですよね。


何事にもそうですが、ハーブティーにも正しい入れ方というものがあります。別にそこまでしなくてもハーブティーを飲めればそれでいい、と言われたらそれまでですけど(笑)、ハーブティーを存分に楽しむためにも、やってみて損はないかと思います。


ハーブティーの正しい入れ方として、まずはティーポットとカップは温めておきます。日本茶と同じような要領ですよね。ティーポットにはカップ1杯に対しドライハーブ大匙1(フレッシュハーブなら2倍ぐらい)を入れます。


お湯は沸騰したてのものをティーポットへ注ぎます。その後、すぐにふたをして2,3分蒸らします。こうすることで、ハーブティーの香りや成分を逃がすことなく、ハーブティーを入れることができます。


まずカップを温めておくとか、沸騰したてのお湯とか、面倒くさい!と思う方もいらっしゃるかと思います…。でも、せっかくのハーブティーの効能や香り。100%楽しむのなら、ちょっとした手間がやはり必要なんですよね。


毎日とはいかなくても、時間があるときには是非、ハーブティーの正しい入れ方をお試しください。